MENU

北海道包茎手術クリニック人気ランキング

カントン包茎という包茎をご存知でしょうか。カントン包茎とは、勃起したときの陰茎の太さが、通常時よりも大きくなりすぎ、その大小の差に包皮の開口部分の伸縮が追いつかないため、勃起したときに包皮の開口部分が亀頭の周りを強く締め付けてしまう症状です。この症状は、このまま放置しておくと、とんでもない状態を引き起こしてしまう可能性もある怖い症状なのです。カントン包茎による悪影響はいろいろあり、まず亀頭が締め付けられることによる、血行不良があります。締め付けられると亀頭に十分な血液を送り込むことができなくなり、亀頭下で水膨れとなり、治すためには手術を行う必要があります。また、さらに放置し続けると、うっ血して亀頭が壊死してしまう可能性にもつながります。最終的に、ペニスを切り取らなければいけなかったり、男性機能が使い物にならなくなってしまいます。また、カントン包茎の怖いところは、思春期前の勃起回数が少ないうちは、ほぼ自覚症状がないところです。思春期に入って勃起回数が増えたり、成長してペニスが大きくなってくると、徐々に発症してきます。ペニスが成長してくるにつれて、勃起時に亀頭を出す事ができなくなり、無理に出そうとしても痛みがあってできなくなります。亀頭が壊死してしまうと当然の如く、セックスも自慰も何もできなくなってしまいます。このようなことから、カントン包茎は、真性包茎じゃないからと甘く見ていると、取り返しのつかない危険な状態になってしまう可能性もある、重大な症状です。思い当たることがあれば、すぐにでも北海道にある専門クリニックに相談してみてください。

 

静岡 包茎手術 福岡 包茎手術